スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インパクトを残す自己紹介

おはようございます。

私は人見知りが激しいので、自己紹介とかめちゃくちゃ苦手なんです。

第一なんていいのかわかりません。

「○○株式会社のネゴヨッシ~です。宜しくお願い致します。」

まぁ、当たり障り無いですよね。

しかし、相手にはあまりインパクトは残せないのです。

相手からしてみれば・・・

「あっそ。」

で終わる内容の自己紹介だと思います。

そういえば私、新卒でいくつかの企業に内定をもらったのですが、その中に投資用マンション販売の不動産会社がありました。

内定をもらったあと、先輩社員とお話できる機会があったので、不安に感じていたことを質問してみました。

「テレアポでいきなりマンション買ってくれと言って話聞いてもらえるものなんですか?」

するとその社員は・・・

「最初は難しかったけど、自己紹介の時点でちょっと工夫したら、意外とテレアポって簡単なんだなって思ったよ!」

その自己紹介というのが・・・

「○○株式会社の○○です!小中高大とサッカーやってました!サッカー大好きです!!」

だそうです。

なんじゃそりゃ・・・

と思うかもしれませんが、社名と名前だけを言うよりは確かに・・・

「お。なんだこいつ。」となりますよね。

この先輩の自己紹介は少し極端な気はしますが、要は自己紹介は社名と名前だけで終わると印象があまり残らないということですね。

印象に残るような自己紹介は・・・

「○○株式会社の○○です。皆様が幸せな生活を送れるように適切な住宅ローンのアドバイスをするのが私の仕事です!」

と社名と名前だけでなく、自分の仕事内容を相手が印象に残るように言うのがポイントですね。

ただ単に「住宅ローンのアドバイスをする仕事をしています。」よりも上記の例のように「皆様が幸せな生活を送れるように」と顧客に対して「あなたを一番に考えます!」というメッセージを添えるのが大事です。

マンション販売の先輩は仕事内容があまり関係なかったみたいですが、サッカーが好きな人にはウケが良かったみたいです。

最近、にわかサッカーファンも多いので、結構確率的には高いのではないでしょうか?

人間は自己紹介をなるべく短めにスマートに済まそうとする傾向があるみたいですが、自己紹介こそ、自分をアピールする最初の大きな場であり、自己紹介で相手に与えるイメージがその後の交渉に大きな影響を与えます。

たかが自己紹介。されど自己紹介です。

手を抜かずキチンと行いましょう。

最近では、名刺に工夫をしている人もいるみたいです。

自分の顔写真またイラストを入れて吹き出しにメッセージを入れるということ。

メッセージは先ほどの仕事の内容だったり、「あなたのために全力を尽くします」という顧客を思いやる内容だったりします。

私はその名刺を見て、「わぁ!すごいなぁ!!」って感じました。

自己紹介、大事です。

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。