スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まる子に学ぶ交渉学

おはようございます。

先日、『ちびまる子ちゃん』を久しぶりに観ていました。

明日から仕事だ。嫌だな~というサザエさん症候群と共に・・・

しかし、観ているうちにそんなことも忘れ、目が釘付けとなりました。

まる子、なかなか交渉上手だな~

では、問題のシーンです。

ある日、まる子がお母さんに散らかっている部屋を見られこう言われます。

「もう子供じゃないんだから、はやく片付けなさい!!」

まる子は部屋を片付けます。

その後、今度はお母さんから買い物を頼まれます。

その時の会話がこちら・・・

まる子「じゃあ、お駄賃ちょうだい!」

母「しょうがないわねぇ、10円ね。」

まる子「少ないよ!もっとちょうだい!!」

母「何言ってるの!子供なんだから、このくらいでいいでしょ!!」

まる子「あれぇ?お母さん、さっきもう子供じゃないんだから部屋の片付けをしなさいっ
    て言ったよね?」

母「ギクリ・・・」

まる子「子供じゃないんなら、もっともらえるんじゃないの?」

母「わ、わかったわよ。20円ね。」

セリフは覚えている限り正確に記載したつもりですが、うろ覚えなので間違っていたら申し訳ないです!!

それにしてもお駄賃10円を20円に値上げ交渉し、成功しました。

巧みです!!

ポイントは・・・

「子供」というキーワードでしたね。

お母さんは・・・

「子供じゃないんだから部屋を片付けなさい。」

「子供なんだからお駄賃はこれくらいでいいの!」

という矛盾したことを言ってしまいました。

それをまる子が巧みに操り、値上げに成功しているわけです。

ビジネスの場でもこのように矛盾したことがあっては徹底的にそこをつつかれます。

逆に相手が矛盾したことをいっていると、チャンスなわけです。

そこを利用して交渉の主導権をうまく握りましょう。

ただし言った言わないの話になると収集がつかなくなります。

そこで使えるテクニックなのですが、商談や交渉で相手が言ったことをメモしておきましょう。

またちょっと行き過ぎかもしれませんが、レコーダーで録音するのも良いかもしれません。

書記的役割をするわけです。

メモを取っておけばこのような矛盾を追求する際にも役に立ちますし、あとで契約内容や条件を整理するのにも使えます。

交渉時はメモを取る!

心がけてみましょう。

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。