スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空腹のもたらすもの

おはようございます。

最近、私は物凄く食欲があるんです。

何か食べてないとやってられないのです。

ストレスですかね・・・笑

しかし、これは非常に重要なことです。

人間、空腹状態にあると不機嫌になったり、いつも通りのパフォーマンスが出来なかったりと悪いことばかりです。

そして、人間関係に影響が出たりもします。

そう。人間関係に影響が出るということは交渉にも影響してくるわけです。

人はお腹を満たすと気持ちに余裕が出来ます。

そのような状態で商談などを行えば円滑にまとまることが多いと言われています。

それでなのかわからないのですが、うちに来る営業はよく午後13:00に商談の時間を設定してきます。

私の場合、お腹が満たされて気持ちに余裕が出来るというよりは、お腹が膨れて眠くなり、判断力が鈍るので契約しやすいという理屈っぽいですが。

確かにお腹が空いてイライラしているときに商談してもなかなかうまくいかないことありますよね。

商談・交渉にイライラは一番の敵ですね。

これを解消する方法が世の中にはあるみたいです。

「ランチョンテクニック」

「ランチョンテクニック」とは、食事をしながら商談・交渉をすると話が円滑にまとまりやすくなるという技法です。

私はあまり馴染みがありません。

だって食事しながら商談・交渉することはあまりないですから・・・。

世の中には昼食を食べながら小規模な会議を開く会社もあるみたいですけどね。

昼食を食べながら小規模な会議を開くことを「パワーランチ」といいます。

さてお腹を満たして相手の合意を勝ち取る事例をいくつか考えてみました。

警察の取り調べで一向に自分の非を認めない犯人にカツ丼を出して自供させるのも、その一種かもしれません。

また高級レストランでお腹が満たされた時にプロポーズするのもこの手法の応用技ですよね。

さらに得意先を接待するのもこの技法を使っているのかもしれません。

最後は私の空腹時の悪い例で締めくくりましょう。

●私は朝ごはんは食べない主義です。
午前11:00に電気会社の営業が来ました。

営業「ネゴさん、LEDの見積です。」

ネゴ「ガルルル・・・」

営業「いかがですかね??」

ネゴ「高い!!」

営業「えぇ!?」

終始イライラしていました。

条件の全てが悪いように見えました。

確かに空腹は商談・交渉に影響が出るのです。

WIN-WINの統合型交渉を心がけるのなら、常にお腹が満たされた状態で臨めるように商談・交渉の時間を設定しましょう!!

そして、朝ごはんは食べましょう!!

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。