スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値上げ交渉

おはようございます。

先日、当ビルの耐震診断の結果が出ました。

耐震は特に問題なかったのですが、ある一部の問題点を指摘されました。

屋上の貯水タンク。

タンクを固定しているボルトが錆び付いていて、次大きな地震が来たら、はずれて落ちて、二次災害につながるかもしれないとのことです。(現在はビルの1Fに貯水槽があるので、屋上の貯水タンクは不要)

とりあえずはずして撤去するのも金がかかるので、見積もりを取ってみたのですが、高い高い。

こういう業者は社長の方が詳しいなと思ったので、聞いてみることに・・・

すると「下請けに聞いてみるよ!」と言われ・・・

数日後。

下請け会社から見積りが来ました。

とりあえず私が見積りを取ったところよりも格段に安かった(多分、ぼっていたのだろう)ので、「これでやってください!」と言いまいした。

するとその下請け会社は・・・

下請「いつもうちを使っていただいてありがとうございます。」

ネゴ「いえいえ。」

下請「実は御社にはいつも良くしていただいてるので、これ赤字ぎりぎりのラインの価格
   なのです。」

ネゴ「ありがとうございます。」

下請「しかし毎回それだと利益が全然出ないので、これに経費分として10%足してくれな
   いでしょうか?」

ネゴ「え!?」

まさかの値上げ宣言!!

価格提示しておいてまさかの値上げ宣言!!

しかし10%足したところで私が見積りを取った会社よりも断然安いし、社長のおすすめだし、良いだろうと思い、承諾した。

これは「アンカリング」に当たるのでしょうか?

まず価格を提示して「アンカリング」し、こちらがOKを出した途端に、利益が出ないからこの価格にしてよ~

って・・・

「かじり戦術」も含まれてそうですね。

「アンカリング」+「かじり戦術」。

本当に赤字ぎりぎりか怪しいですが、うちの会社の分配型的思考を考えるといつも赤字ぎりぎりまで値引きさせていたことがイメージできてしまったので、きっとそうなのだろうと思いました(笑)

そして他の業者より安すぎるという事実。(他の会社も高い価格でアンカリングしていたと思いますが・・・)

今回の交渉、私の中で「高すぎるアンカリング」と「安すぎるアンカリング」で少々混乱してました。

一度「高すぎるアンカリング」を見ていて、尚且つ撤去しなくてはいけない理由もあったので、「安すぎるアンカリング」からの値上げ(それも許容の範囲内)にさほど気にもしない状況だったのかもしれません。

むしろ二次災害が怖すぎて焦っていたのかもしれません。

「安すぎるアンカリング」は珍しいなと思いつつ、他に似たような事例がないか考えてました。

もしかすると「ウォーターサーバー」がその例に当たるかもしれません。

あれって本体が無料で、水だけ有料ですよね?

本体無料で「アンカリング」しつつ、水で金を取る戦術が今回の事例に似ているなと感じました。

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。