スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活交渉 長所・短所編

おはようございます。

先日に引き続き本日も就活シリーズということでお話させていただきます。

就活は交渉の連続です。

履歴書で相手に「面接したい!」と思わせるのも交渉です。

面接で「この人採用したい!」と思わせるのも交渉です。

本日はエントリーシートの項目や面接でよく聞かれるあの質問についてです。

その質問とは・・・

「あなたの長所/短所は?」

これ聞かれて意外と困る人多いんです。

長所はまだしも短所はこれから採用をもらいたい企業に伝えるのはとても難しいですよね。

では、短所はどう伝えるべきなのか?

採用担当者からしてみれば、ただ短所を答えられても悪いイメージしか持つことが出来ません。

あなたなら短所を聞かされて良いイメージを持つことが出来るのはどのような言い方をされた時ですか?

きっとこう思うはずです。

短所が捉え方によって大きな武器になる時です。

つまり短所を伝えるときは・・・

確かに短所ですが、見方を変えるとこんな武器になるのです。

というニュアンスで伝えること。

では、事例を・・・

悪い例
「私は物覚えが悪いです。」

・・・

良い例
「私は物覚えが悪いです。しかし努力家なので人一倍努力をし、常に良い結果を残してきました。それを象徴する出来事が学生時代のテストで学年1位になれたことです。貴社でも努力を怠らず精進致します!」

おお!

となるんじゃないでしょうか?

少なくともただ単に「私は物覚えが悪い」と言われるよりは良いイメージを持つことが出来ます。

デメリットの見方を変え、メリットにし、そのメリットを経験から得た成功で支えることにより、短所が大きな武器になる論理的な説明をすることが出来ます。

試してみましょう。

そっか。

今日は短所のうまい伝え方か!

ありがとう!!ネゴちゃん!!

ストーップ!!!

まだ終わってません。

長所の伝え方もこの際だから話しておきます。

長所は自分の武器を説明するだけですが、これまたただ説明するだけで相手が納得するでしょうか?

では、事例を・・・

悪い例
「私は体力が自慢です!」

あっそ。

良い例
「私は体力が自慢です!貴社に入社後も常に精力的に行動し、一日に一人でも多くのクライアントと接することが出来るように走り回ります!!」

ぜひ当社で頑張ってください!!

と言いたくなるような一言!

採用担当者はあなたの良さを知りたいのは勿論ですが、あなたが会社に入ってどれくらい自分達に貢献してくれるか?

そこがとても気になります。

なので自分をアピールしすぎるよりは、自分があなたにこんな形で貢献できるというようにアピールの仕方を変えるとうまくいくかもしれません。

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。