スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジータのバイアス

おはようございます。

先日、久しぶりに『ドラゴンボール』が映画館にて公開されていますね。

ドラゴンボールは小さい頃、はまったアニメの一つです。

ちなみにキャラクターはベジータが好きです。

ドラゴンボール占いもベジータになります。

ベジータの特徴としては一つ強烈なものがあります。

「プライドが高い」です。

サイヤ人のエリートですからね。

当然ですね。

では、交渉において「プライドが高い」ということはどのような影響を与えるでしょうか?

検証してみたいと思います。

私も「プライドが高い」ので、私の視点で考えてみます。

まず「プライドが高い」とバイアスにかかりやすくなります。

例えば・・・

「行動のエスカレーション」

ある計画を立てて実行してましたが、途中で雲行きも怪しくなります。

まわりの人間は言います。

「計画を変更しよう」

しかし「プライドが高い」と・・・

「大丈夫だ!俺の立てた計画だ!!絶対にうまくいく!!!」

となります。

まさに一度決めた方針にしがみついてしまう「行動のエスカレーション」です。

また・・・

「迷信-パイの大きさは決まっている」

相手方と交渉になった時に負けることを恐れ、つい自分に有利にしようとしてしまう。

「この条件で合意したら、俺は皆の笑い者だ!!!絶対に勝つ!!!」

交渉を勝ち負けで考えてしまう「迷信-パイの大きさは決まっている」ですね。

さらに・・・

「自信過剰」

「プライドが高い」と自分の言うことが一番正しい。

他の人がそれ間違ってるよ?

と言われた時は「俺のが正しい!!絶対に正しい!!!」

と自信満々に言うでしょう。

このように「プライドが高い」ということは様々なバイアスを生み出し、統合型交渉から遠のいてしまうことが多いです。

私も「プライドが高い」とよく言われるので、気をつけなければなりません。

ちなみにこれを解消するには「交渉の目的」は何か?

を考えてみるといいかもしれません。

というのも「プライドが高い」が故に交渉が難航するということは個人プレーに走った結果なのです。

今一度、「交渉の目的」を確認してみましょう。

営業だとしたら「チームの目標」を達成するため!

でしたら「プライド」なんて捨ててチームのために頑張ろうと思えるはず!!

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。