スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信過剰

おはようございます。

昔、友達に言われました。

友達「就職なんかせずに俺と一緒に何か大きいことやろうぜ!」

ネゴ「具体的には何を?」

友達「大きなビジネスだよ!」

ネゴ「・・・」

友達「絶対にうまくいくんだ!やろう!!な!!??」

即座に断りました。

しかしこの友達はとても自信満々でした。

変な意味で。

このように物事が自分に有利な方向に進むはずだと考え、合理的な判断が出来ずにかえって悪い結果を招くことを「自信過剰」といいます。

個人バイアスの一つです。

もう少し大きなビジネスの概要と戦略などを提案してくれたら、話を聞こうとも思えたのですが、「絶対にうまくいく。何も聞かずについて来い。」では誰もついていきません。

「自信過剰」のバイアスに陥りやすい人種は高い確率で限定されると私は考えています。

それは・・・医者、弁護士、さらには会社経営者などに多いのではないでしょうか?

例えば皆さん、こんな経験はありませんか?

医者「ただの風邪です。」

患者「え?でも、咳が出てかれこれ1ヶ月が経ちます。本当に風邪ですか?」

医者「検査の結果、絶対にただの風邪です。」

患者「そうですか・・・」

仮にただの風邪だったとしても、この言い方では患者は不安であるのと納得できない感情でいっぱいです。

患者に検査結果を不安を取り除きながら説明し、納得してもらうのも交渉の一つです。

また会社経営者。

経営者「この戦略で行く!!俺が決めたんだ!!絶対にうまくいくぞ!!」

社員「しかし社長・・・」

経営者「黙って俺を信じてついて来い!!絶対にうまく行く!!」

社員「・・・」

典型的なワンマン社長ですね。

「自信過剰」を取り除き、部下を納得させてもらいたいものです。

ここまで見てみて感じることがあります。

恐らく高い専門性を持ち、自分で困難を乗り越えてきて、尚且つプライドの高い人こそ、このバイアスに陥りやすい気がします。

今まで苦労した経験値が根拠のない自信を持たせているのかもしれませんね。

「自信過剰」を取り除くためには、直接言っても無駄だと思います。

時間を置いて相手が聞く耳を持っている時に再度交渉してみましょう。

それが一番だと思います。

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。