スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフライン

こんにちは。

最近、たくさんの交渉事例を探しながら、街を歩いたり、商談したりしてます。

ブログを開設したので、三日坊主にならないように・・・。

おかげさまでたくさんの事例のストックが今のところありますので、安心ですね。

今回のポイントは「アンカリング(係留効果)」についてです。

またよくわからない言葉が出てきた・・・そう思います。

「アンカリング」のアンカーって錨のことみたいです。そう船をその場に留めておくときの。

私は船に詳しくないので、よくわかりませんが。。

「アンカリング」とは、交渉において最初に提示する条件のことです。

簡単に言うと、物を売る時に「これは5000円です」と言い、交渉を5000円からスタートさせるという意味で捉えてください。

なんだそんなことかと思うかもしれませんが、この「アンカリング」はとてつもなく交渉で大事なんです。

では、私が先日この「アンカリング」のおかげでもやもやした交渉したときのことをお話しましょう。



●いきなり自宅の電気が全て消えた・・・その時に現れたのは!?
先日、ただの胃腸炎だったのですが、会社からノロかもしれないから、休みなさいと言われ、家で寝込もうとしていたときに、家の電気系全てが消えました。何事かと思い、ブレーカーを見てみると、落ちたままで上げてもすぐに落ちてしまいます。マンションの管理人に伝えるとちょうどうちの隣に来ていた電気が来て見てくれました。

電気屋「これはブレーカーが焼けちゃってますね。交換しないとなぁ。」

私「じゃあ、お願いします。」

電気屋「はい!じゃあ、早速取り掛かります!!」


・・・しばらくして


電気屋「終わりましたよ!!」

私「ありがとうございます。」

電気屋「じゃあ、料金なんだけど本当は15000円なんだけど、このマンションはお得意様
    だから10000円でいいよ!」

私「え?そんなするんですか?」

電気屋「そうなんですよ。まぁ、特別価格にしとくから10000円ね。」

私「・・・わかりました。」



いきなり15000円に「アンカリング」され、好意で10000円に値引きしてもらって、尚且つ修理が終わった後という、しかも緊急性。

すべての悪い条件が重なってしまい、この価格が適正かどうか調べることもなく、払っていましました。

もしかするともっと安かったかもしれない。

もやもやする交渉となりました。

しかし、この交渉にはたくさんポイントがあると思います。
電気屋の巧みな「アンカリング」。

統合型交渉に導くかのような値引き(本当にその価格かはさておき・・・)

そして最大のポイントは、私が圧倒的に弱い立場だったということ。

ライフラインが止まってしまうのは、かなりの緊急性があり、すぐにでも直してもらいたいところでした。

この時点で相手のいいようにやられてしまう状況だったわけです。

立場というのは交渉において、とても大きな影響を与えます。

例えば・・・

弁護士、税理士、医者、都知事、社長など・・・

各分野のスペシャリストはその豊富な知識がある為、交渉に強いと言えます。

都知事や社長などの権力を持った人。

権力というのも交渉には強い要素を持っています。

今回は、家の電気が使えなくなって困っている私と電気の専門家の交渉。

圧倒的に電気屋の方が強かったんです。

これを打開するには、日頃から色々な価格の相場はリサーチしておくのが良いですね。

このような立場が強い人たちと交渉する場合は、多くの情報を持って挑むと良いと感じています。

交渉というのは、ビジネスだけでなく日常生活にも多く潜んでいます。

交渉に関して興味のある方は・・・

http://www.transagent.co.jp/nego/

までアクセスを。


次回はそんな立場について考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。