スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4つのC

おはようございます。

前回はマーケティングの「4つのP」についてお話しました。

本日はこの「4つのP」を顧客側からの視点で考察した「4つのC」を紹介します。

PやらCやら混乱しそうですが、結構役に立つので必見です。

では、「4つのP」を顧客側からの視点で考察した「4つのC」とは何か?

①顧客の得る価値(customer value)

②コスト(cost)

③利便性(convenience)

④コミュニケーション(communication)

です。

ちなみに「4つのP」は

①商品(product)

②価格(price)

③流通(place)

④販促(promotion)です。

同時に見てみましょう。

①顧客の得る価値と商品
これは製造した商品を顧客に購入してもらい。顧客が得るメリットについて考えます。

②コストと価格
これはそのままですが、価格をどのくらいにすると顧客側は喜んで商品を購入してくれるか考えるというものです。

③利便性と流通
お店の流通方法によって顧客が商品を入手しやすいか、しにくいか。しにくくても購入してくれるか?

④コミュニケーションと販促
これはどういうことかというと・・・どのような方法で告知すると顧客側がその商品を知ることができるかということです。

例えば・・・ターゲットの年齢層によって販促の方法も変わってくると思います。若者だったら、インターネットやら、雑誌やらでPRするのが良いかもしれません。

高齢者だったら、ポスティングや新聞のチラシが良いかもしれません。要はターゲットによって販促方法を変えましょうということです。

このようにマーケティングの「4つのP」で商品を世に送り出す方法を構築し、そして、「4つのC」で送り出された商品が顧客にとってどのような存在になるか考えるものです。

顧客の視点にたって考えるということは「統合型交渉」への第一歩です。

また会議などで発言するときに「4つのP」と「4つのC」を合わせて発言することによって、説得力に厚みが増します。

きっと社内交渉でも役立つツールとなるでしょう。

上司を説得したい。

チームを動かしていきたい。

世の中を笑顔で満たしたいんだ!

という人はぜひ活用してみてください。

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。