スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフリクト・マネジメントの手法④

おはようございます。

本日は「コンフリクト解決」の手法の④セルフコントロールです。

皆さん、よく考えてみてください。

何故、コンフリクトって起こるのでしょうか??

以前、意見の衝突と利害の対立と説明しました。

意見の衝突と利害の対立・・・

これは表向きで裏には「怒り」の感情があるのです。

「怒り」がなければ相手のことを受け止める余裕があるので、コンフリクトには発展しないのです。

つまり・・・

「セルフコントロール」は人間関係・交渉時にはとても重要なのです。

では、人間はどのような時に「怒り」やすいか??

実は心理学のある説である程度説明できるのです。

それが「マズローの5段階欲求説」です。

人間には5段階の欲求があります。

1.生理的欲求
生命維持に必要な欲求。食欲・睡眠など。

2.安全の欲求
危険から身を守りたいという欲求。

3.帰属的欲求
集団に所属して、受け入れられたいという欲求。

4.自尊・承認欲求
自分に自信を持ち、自律的であろうとする欲求。他人から認められ、敬意を持って接してほしいという欲求です。

5.自己実現の欲求
自分の持っている可能性を最大限に発揮し、自身を成長させたいという欲求。

このように5つの欲求があるのですが、特に「怒り」の裏側にあると言われているのが、4の自尊・承認欲求です。

世界的にも相手への思いやり・敬意というのは大きな問題となってきています。

要は敬意を持って接してもらわないと怒る!!

ってことです。

簡単に言うと。

コンビニなどの店員によく嫌悪感を覚える人がいると思いますが、コンビニの店員は基本適当な接客のイメージです。

だから敬意を払われてないと感じ、嫌悪感を覚えるのです。

つまり世の中には「ホスピタリティ」が必要!!

という結論に至ったネゴヨッシ~です。はい。

では、具体的に「セルフコントロール」ってどうすればいいの?

って感じると思います。

例えば・・・

対面している相手にキレそうになったら・・・

一度トイレに行きましょう。

そして、飲み物を飲み、深呼吸。

笑ってみる。

話題を変える。

など。

それが出来たら苦労しないんだよ!!!

と言う方多いでしょう。

しかし、一度湧いた強烈なネガティブな感情「怒り」は簡単には収まらないのです。

そんな魔法はありません。

「怒り」の感情が湧いたら、一度席をはずしましょう。

「怒り」のレベルには三段階あると言われています。

レベル1・・・自分の感情を把握し、コントロール可能。

レベル2・・・我慢はできるが、長時間は無理。

レベル3・・・制御不能。

レベル2の時に一度席を立ちましょう。

そうすればある程度の「怒り」は鎮めることができ、心に余裕を持つことができるでしょう。

ここまで話しましたが、交渉時には「怒り」の感情をいかになくすかが交渉成立のカギとなります。

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。