スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフリクト・マネジメントの手法②

おはようございます。

現在、私は建設会社で人事担当をしているのですが、何故か工事部の仕事が回ってないようで工事部の仕事をやらされてます。

回らないほど人がいないのであれば、集中的に人材採用活動をして、人を集めたいのですが、工事部の仕事で精一杯で人材採用活動すらできなくなってしまい、悪循環に陥ってます・・・

そんなときに工事部の人に言われたこと・・・

工事「はやく仕事終わらせろよ!!!」

ネゴ「すみません。ちなみにこの書類の作り方よくわからないのですが、教えてもらって
   いいですか?」

工事「自分で考えろ!!」

ネゴ「・・・」

怒りが湧いてきました!!!

コンフリクト発生か!?

仕事がうまくいかない私を非難したことにより、コンフリクトが発生することはないとは言い切れません。

本日はコンフリクト解決へ向けた手法である②の「フィードバック」についてです。

フィードバックって聞いたことありますか?

フィードバックとは、ただ相手を叱るだけでなく、相手の行動で良かった点・改善すべき点を伝えてその人のスキルアップを支援することです。

上記の例だと、ただ叱るだけでした。

ちなみにこのフィードバックには3つの種類があります。

交渉学の用語で説明すると聞きなれない言葉だと思いますので、私が以前アルバイトをしていた某ファーストフード店の研修で教えてもらった言葉に置き換えます。

①ネガティブなフィードバック

②ポジティブなフィードバック

③改善のためのフィードバック

①は上記のような例です。

ただただ相手を叱り、非難するのです。

3つのフィードバックでやってはいけないのが「ネガティブなフィードバック」なのです。

続いて②の「ポジティブなフィードバック」です。

これは相手が行った行動で良かった点を褒めることです。

ちなみに褒める時に注意点が一つ。

具体的に褒めましょう。

例えば・・・

部下が作った資料に関して・・・

「今日作ってくれた資料良かったよ」

「今日作ってくれた資料・・・要点が整理されていて、頭に入りやすかった。また図解が多くて、素人にも見やすい出来だと思う。資料作りうまいね!!」

前者と後者で言われたらどちらが嬉しいでしょうか?

ほとんどの人は後者だと思います。

前者のような褒められ方をすると人によっては・・・

「どこが良かったの?本当に思ってる?持ち上げようとしてるだけだろ?」

とかえってネガティブになってしまうこともあるのです。

最後に③の「改善のためのフィードバック」です。

これは相手がしてくれた行動に関して、改善して欲しい点を伝えることです。

そのまんまです。

注意点として・・・

②の「ポジティブなフィードバック」とセットで使いましょう!!

例えば・・・

「今日作ってくれた資料・・・要点が整理されていて、頭に入りやすかった。また図解が多くて、素人にも見やすい出来だと思う。資料作りうまいね!!あとは全体的にカラフルに仕上げると目で見て楽しめる資料になるかもね。」

最後に更に良くなるには!!

みたいな形にするのです。

「フィードバック」という手法は主に上司から部下へ行われることが多いです。

「フィードバック」を誤って使ってしまうとコンフリクトを発生させる要因にもなり得ます。

どうせ「フィードバック」をするなら部下を成長させるために「ポジティブなフィードバック」「改善のためのフィードバック」を使いましょう!!

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。