スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シチュエーション別交渉③

おはようございます。

実は私は建設会社で働いているのですが、私は総務・人事部で働いております。

小さい会社なのでよく工事部の書類作ってと言われるのですが、私も自分の仕事で精一杯な時があり、断ることがあります。

そうすると喧嘩になります。

「何故、出来ないんだ!?」

自分の仕事があるからだよ!!

本来、会社の各部署では、会社の利益増大、経費削減に向けて協力し合うのが良いと思われますが、どの部署も様々な事情を抱えているので、簡単に協力することもできません。

そこが難しいところです。

本日は「社内部署間の交渉」についてお話します。

まず・・・

上記の私の会社の例でどのような問題点があるかと言うと・・・

①工事部の書類を頼まれる=人が足りていない。

②工事部の書類を引き受けると=人材採用活動が出来ない。

の2点が挙げられます。

工事部の書類をやらなくてはいけない。

しかし、やると人材採用活動が出来ない。

よってずっとこの状態をキープしなくてはいけない。

一種の「囚人のジレンマ」に陥っている気もします。

「囚人のジレンマ」については後日、お話します。

話を戻しますが、この問題にはどのような解決策があるか。

まず工事部と私との間で「書類をやる・やらない」の話になり、敵対関係になってしまっているのが問題です。

同じ会社の人間です。

仲良くしましょう。

どのようにすればこの問題が解決されるかお互いが協力して考えてみるのです。

短期的な解決を目指すのであれば「私が書類をやる」ということになります。

しかしそうすると人材が足りていない上に採用活動が出来なくなるので、長期的にみたら、会社にとって不利益になるでしょう。

そこでブレストでもなんでも良いので協調的な話し合いをしましょう。

私だけの意見で出るのは・・・

①部長にも採用活動をお願いする

②会社で人材戦略を練ってもらい、それに沿った採用活動に集中する

③私が大量の残業をし、両方やる

出来れば②でやっていきたいものです。

この問題は会社単位で考えるべき問題なので。

・・・

では、何が言いたいんだ?

と言われると要は部署間で仲良くしてより良い解決策を見つけましょうということです。

結構、部署間ごとに自分の部の利益ばかり考える傾向が世の中にあるみたいです。

それが部署間の争いを生む要因になっているので、まずは仲良く。

それがキーワードな気がします。

このようなコンフリクトに陥ったら、お互いの背景に着目して、解決策をお互いが提案していけると良いですね。

ちなみに私は①と②を提案したら、③をやれと言われました。

ちくしょ!!

このような交渉学を学びたい方は・・・


交渉アナリスト資格取得プログラム


までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。