スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かじり戦術

おはようございます。

よくこんな光景を見るかもしれません。

ラーメン屋にて・・・

「おっちゃん、卵もおまけしといてよ!」

スーツ屋にて・・・

「このネクタイ、おまけしてくれない?」

電気屋にて・・・

「このデジタル時計、電池ついてないの!?電池おまけして!!」

このように物を購入するときに最後に一つおまけをつけてもらうように要求することを「かじり戦術」といいます。

分配型交渉の戦術の一つです。

最後にちょっとかじるというのが、名前の由来でしょう。

売り手側からするとメインの商品を売り、気の抜けたところで、買い手から「これおまけして!」というとメインの商品よりもだいぶ価格の下がる商品の為、「ま、いっか!」と感じ、おまけしてしまうみたいです。

つまり「かじり戦術」は本当におまけとして考えてもらうと良いかもしれません。

テレビを買って、「DVDプレーヤーもおまけして!!」は通じないでしょう。

せいぜいリモコンの電池くらいだと相手もおまけしてくれる可能性が高いです。

では、私の「かじり戦術」による失敗事例をご覧下さい。


●エアコン営業への「かじり戦術」
先日、我が社の寮のエアコンを新しくしたのですが、その時のお話です。いつもの営業マンが持ってきた見積もりを見て・・・

ネゴ「エアコン、高いですねー」

営業「これが最近の相場なのですよー」

ネゴ「それにしても高いなー」

営業「他の会社もこんなものですよ?」

ネゴ「じゃあ、これ購入するんでノートパソコン安いの一つおまけしてくださいよ。」

営業「ぱ、パソコン!?それは無理ですよー」

ネゴ「ですよね・・・」


私も何故、この時にノートパソコンを要求したのかよくわかりません。

きっと4月に入ってくる新人の為に経費を抑えるという意味で言ったのかもしれません。

このように価格の大きいものをかじろうとすると、高い確率で失敗するでしょう。


では、成功事例。


●先日、スーツを購入した時の話です
スーツ2着購入する予定でしたが、店員の激しいプッシュによりカバンも購入することに・・・


店員「そのスーツにはこのカバンも合いますよ!!ぜひ!ぜひっ!!」

ネゴ「え~スーツだけの予定ですよ?でも、かっこいいな。そのカバン。」

店員「でしょう?この機会にぜひ!!!」

ネゴ「じゃあ、カバンもそこのネクタイおまけしてくださいよ。」

店員「ネクタイ・・・わかりました!ではスーツ2着とカバンにネクタイおまけで!」

ネゴ「ネクタイ、2本ね。」

店員「・・・わ、わかりました。」



ちょっとかじりすぎたかもしれません。

しかしネクタイ2本くらいならおまけしてくれる人いるみたいです。

結構、日常でよく使われている戦術だと思います。

家庭内でも。仕事場でも。

このような交渉学の知識を学びたい方は・・・


交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。


交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。