スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIDASの法則

おはようございます。

日々、交渉を意識して商談など社内会議をしていると情報交換が必要不可欠だと気づかされます。

やはり情報を的確に認識しないとニーズがわかりませんから、結局的はずれな提案などをしてしまうのです。

相手から情報を引き出すのも良いですが、こちらの情報を正確に伝えることも大事です。

本日は相手に効果的に情報を提供するためのフレームワークを紹介します。

その名も「AIDAS」といいます。

アディダスではありません。

これは情報を提供して相手方に満足してもらうための5つのステップの頭文字を取って「AIDAS」という言葉になっています。

では、頭文字を見ていきましょう。

①Attention・・・知ってもらう

②Interest・・・興味を持ってもらう

③Desire・・・欲求を刺激する

④Action・・・行動を起こしてもらう

⑤Satisfaction・・・満足してもらう

です。

なんとなくイメージはわくかと思います。

まず①のAttentionです。
これは知ってもらうということです。

つまり自分達のアピールポイントを明確にし、確実に相手に伝えるということです。

続いて②のInterestです。

興味を持ってもらうということです。

興味を持ってもらえるようにアピールしましょう。

そして③Desire。

興味を持ってもらい、それをどうしても手に入れたいという欲求を起こさせるようにしましょう。

さらに④のAction。

欲求が芽生えたら実際に行動を起こしてもらうのです。

最後に⑤のSatisfactionです。

相手方を満足させてひと段落です。

このように「AIDAS」は知ってもらってから、相手方に満足してもらうための流れをイメージするためのフレームワークです。

事例は今度、紹介しますので。

本日は紹介までです。

申し訳ございません。

しかし、これをイメージするのとしないのとでは、だいぶ違いが出ます。

ぜひ活用してイメージしてみましょう。

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。