スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業未払問題

おはようございます。

先日、私の会社の清掃のおばさんを解雇したという話をしましたが、本日は労使問題について少し考えてみたいと思います。

労使問題って皆様、どのようにお考えですか?

国の法律、すなわち労働基準法は労働者保護の為の法律です。

労働者は結構、守られているのです。

ですので企業側は簡単に解雇をしてはいけないし、労働基準法に違反することをしてはいけないのです。

もし、職場での不遇を感じて労働者が労働基準監督署に駆け込んで会社の違反を指摘すれば罰を受けるかもしれません。

慎重に、かつ完璧な法律知識が労使問題には必要なのです。

そして、使用者と労働者におけるWIN-WINの関係です。

その為、就業規則や労働協約、労働契約などはしっかりと理解した上で従業員を雇用しましょう。

では、事例を・・・

●残業代問題
当社の従業員の残業代を社長がうまく利益を上げていないという理由で全額カットしてしまったことから起きた労使問題です。

社員「なんで残業代が出ないんですか!?先月は休日返上で働いたのに!!」

社長「君は利益を上げていない。利益を上げてない者に払う残業代はない!!」

社員「でも、働いているんですよ!!休日もないのに・・・。」

社長「働いても利益が出なきゃ残業代なんか出ないんだよ!!」

社員「・・・そんなぁ。」

残業代未払問題に発展しそうですね!

このように会社の上層部の圧力で不利な環境で働いている労働者は結構、多いです。

しかし、ほぼ休みなく働いて残業代が出ないのは拷問ですね。

使用者にはもっと労働基準法を勉強してもらい、労働者保護について考えてもらいたいものです。

最近では、労働組合を作り使用者に対抗する方も増えていると聞きます。

ですが、そこまで行ったらそこにもうWIN-WINの関係は存在しなくなります。

安心して働ける環境を作る為に労士問題は欠かせません。

働かなきゃ、利益を上げなきゃ金がもらえるわけないんだ!

という考えも理解は出来ますが、それでは労働者が働く意欲をなくし、労働組合を作り、徹底抗戦することもありそうです。

結果ではなく過程も大事にしてあげたいところですね。

仕事の過程で努力して頑張っていて、それでも結果が出ないときはあります。

しかし、努力を認めてあげて次につなげさせるようにコーチングするのも上司の役目だと思います。

なんとか労使問題におけるWIN-WINを実現しましょう。

このような交渉学を学びたい方は・・・

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラム

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。