スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事保険

おはようございます。

つい先日、部長が頭を抱えていました。

どうやら工事現場でパワーショベルが民家の壁を破壊したみたいです。

破壊したといっても直径10cmくらいの穴があいただけみたいですが。

とはいえ、直さないといけないので現場では早急に業者呼んで直したみたいですけど。

で、保険金でどうにかしようと思ってたんでしょうね。

今回のケースの場合、パワーショベルについている保険が適用されるみたいです。

ちなみに業者は民家の人が手配したというのが今回のポイントになります。

そして、その業者が壁補修の請求書を送ってきました。

金額は180万円。

高!!

直径10cmの穴がそんなにするか!?

保険会社も高すぎだろ!

って言ってたみたいです。

通常、事故が起きたら保険会社側の鑑定人が現場を視察し、どのくらいの金額になるかを見積もるみたいですが、今回は早急に直してしまったので、見ていません。

保険会社側は・・・

「ここぞとばかりに他の箇所も直したでしょ?」

と言います。

民家は・・・

「壁だけだ!」

と言います。

もはや結果の出ない論争へと発展しました。

未だ結果は出てないみたいですが、一つ感じたことがあります。

事故起こしたら、現場の写真を撮っておきましょう。

直す前に・・・

直したらどこをどう直したかがわからなくなります。

それにしてもいきなり180万円でアンカリングしてくるとは・・・

請求書の内訳書も壁の補修のことしか書いてないし、本当にそのくらいするのか?

やはり別会社に一度、その請求金額が妥当かどうかも査定してもらいたいですね。

とにかく現場の保存写真は確実に撮りましょう。

その後、部長は事故が怖くなったらしく、何かを壊すたびに写真を撮るくせがつきました。

でも、それくらいしたほうがあとでもめなくて済みそうですからね・・・

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。