スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーター戦術

おはようございます。

うちの職場は人手不足なので、よく仕事のむちゃぶりをされます。

例えば・・・

「2時間だけ現場出てくれない?」

「役所に書類届けてー」

出来る範囲ではやりますが、私にも仕事があるもので、時には断ります。

しかし、中には断れない人がいたりします。

そういう人は大抵、引き受けなきゃ悪く思われる。

と感じています。

あなたがそう感じる必要はありません。

効率的にまわらない職場が悪いのです。

と言っても恐らく断れないでしょう。

そこで本日のテーマは「むちゃぶりをいかにうまくかわすか?」です。

よく利用される手法に「バーター戦術」というものがあります。

「バーター戦術」とは、むちゃぶりを断らない代わりに自分の頼みごとも聞いてもらうということです。要は「交換条件」です。

例えば・・・

工事部「ネゴ、少し現場行ってきて!」

ネゴ「じゃあ、この書類作っておいてもらっていいですか?午後までに提出なんです。」

工事部「じゃあ、いいや。」

このように毎回うまく行くかはわかりませんが、結構効果があります。

この戦術を使う際に一つ注意してほしいことがあります。

頼み事をしてくる人は本当に手がまわらなくて頼んでくることがあります。

そこで毎回「バーター戦術」使うのではなく、自分の中で余裕があるときくらいは手伝ってあげましょう。

「バーター戦術」を使うのは、本当に自分も忙しい時だけにしたほうが社内でWIN-WINを築けます。

さて。ここまで社内の「バーター戦術」について説明してきましたが、社外で行う場合にはどのようにすればいいか。

もうイメージされている方もいると思いますが、交渉にたくさんの項目があります。

先方が価格で譲らなかった時・・・

では、そちらを譲歩する代わりに納期はこちらに合わせてください。

というように交渉します。

お互いの重要度の低い項目を交換できれば統合型交渉になりますので、ぜひ活用してみてください。

その為には情報を探るのが欠かせません。

やはり交渉にはお互いの情報交換が必要というわけです。

「交換条件」と聞くと聞こえが悪いという方もいますが、使う人の使い方によります。

統合型交渉に導く「バーター戦術」を利用しましょう!

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。