スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

返報性の法則

おはようございます。

皆様、スーパーとかでこんな経験をしたことはありませんか?

試食のコーナーでちょっとつまんでみようと思っただけなのに、買ってしまったという経験。

相手に何かを与えられたら、お返しをせずにはいられない。

このような法則を「返報性の法則」と言います。

日本人は特に「返報性の法則」が強く働く種族だと思います。

結局、試食している時に目の前でおばさんが・・・

「美味しいですか?」

と聞いてくると・・・

「美味しい!」

と答えるしかないんですよね。

すると最終的に買わなくてはいけないという雰囲気になっていて買ってしまうのです。

また「返報性の法則」は色々なところで存在します。

例えば・・・

「30日間のお試し商品」
30日も使わせてもらったので、買わなきゃ悪いという心理が働き、つい購入します。

「無料サンプル」
よく化粧品などにあるますね。無料でサンプルをもらってしまうと次回購入しなくては!と思う心理が働くみたいです。

「保険営業のプレゼント攻撃」
保険の営業がよく小物をくれます。あれはたくさんあげて、親しみやすい関係になってから、保険を契約してもらおうという戦略みたいです。たくさんプレゼントしてもらうと契約してあげないとなぁ・・・って心理が働くみたいです。

結構、色々なところにあります。返報性!

しかし、これ大事なことだと思います。

相手に良くして、見返りを求めるというのは、まず自分から相手に良くしないと始まりません!

ただ単に相手に物を売りつけるセールスマンに比べると、素晴らしい手法だと思います。

では、私がこんな場面で「返報性の法則」が働いているのでは?

と思ったシチュエーションを一緒に考えてみましょう。

例えば・・・

職場に新人がいます。

上司を含め、課の人間が皆、親切に仕事を教えてくれて、目標に向けて頑張ろう!

親切に教えてくれて・・・

「よし!教えてくれた皆の為、会社の為に頑張るぞ!!」

ってなると思います。

そうして新人が成績を上げると上司も皆も嬉しいですよね。

新人は叱って育てるべきという人がいます。

それも大事なことだと思います。

しかし叱ってばかりだと・・・

「なにくそ!この上司め!!」

と上司を見返す為だけに頑張るかもしれません。

そのようなやり方だ長続きははしないでしょう。

まぁ、このシチュエーションはその子のタイプにもよると思いますが・・・

「返報性の法則」。。。

交渉においていたるところで活用できるのではないでしょうか?

このような交渉学を学びたい方は・・・

交渉アナリスト資格取得プログラム

までアクセスを。

交渉アナリスト資格取得プログラムのサイトです。

交渉学を体系的に学べ、着実に交渉力を身に付けることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ネゴヨッシ~

Author:ネゴヨッシ~
特定非営利活動法人日本交渉協会認定の交渉アナリストのネゴヨッシ~です。
交渉学を学び始めて、まだまだ日は浅いですが、ビジネスや生活上の交渉事例について私なりにつぶやいていこうと思っています。
交渉ってかたいイメージがあるかもしれませんが、実は日常生活に溢れています。
例えば好きな人に告白するのも交渉だと思います。
そう考えると面白いですよね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。